種類別カニの茹で方・茹で時間【ズワイ・タラバ・毛ガニ】

★特別価格で販売中のおすすめかに通販サイトはコチラ!

かに本舗公式サイト

カニの美味しい茹で方とは?タラバ・ズワイ・毛ガニを種類別に紹介

カニの美味しい茹で方として、まず基本となるのはカニごとのゆで時間を守るようにすることと、ゆでたカニはすぐに食べるようにすることです。
そして様々な食べ方がありますが、やはり茹でてすぐにそのまま食べるほうがカニ本来の風味を味わうことができるようです。

 

タラバガニ

まずはタラバガニの茹で方ですが、ふんどしと呼ばれる前掛けの部分を開けてから、ミソを箸もしくは手で取り出した後に軽く水洗いをします。
カニが隠れるくらいの量と水を入れます。塩の分量は、1リットルの水に対して15グラムから20グラム程度が目安となります。
水が沸騰したら甲羅を下にしてタラバガニを鍋に入れます。
18分から20分ほど茹でたら出来上がりです。
茹で上がった後には軽く水洗いをしてから食べるようにしましょう。

 

ズワイガニ

続いてズワイガニの茹で方ですが、まず軽くカニを水洗いします。
水と塩の割合はタラバガニと同様、水1リットルに対して塩を15グラムから20グラムの間を目安とします。
水が沸騰しましたら、ズワイガニの甲羅を下にした状態で鍋に入れます。
15分から20分ほど茹でましたら食べ頃ですので、軽く水洗いをした後に食べましょう。
ちなみに花咲ガニもズワイガニと同様の方法で美味しくゆでることができます。

 

毛ガニ

それから毛ガニの茹で方ですが、まずは毛ガニを軽く水洗いしてから、鍋に水を入れて、水1リットルに対して15グラムから20グラムの割合で塩を入れます。
水が沸騰したら、毛ガニの甲羅を下にして鍋に入れます。
15分から20分ほど茹でますと美味しく食べられるタイミングです。
水洗いを軽く行った後に食べると良いでしょう。

 

茹で上がったカニはカニサラダとしてたまねぎやセロリなどともに食べてみても美味しくいただけますよ。
そして茹でた後に出る旨みがもったいないと感じるのであれば、カニ鍋にして食べてみて下さい。
野菜をたくさん入れて食べるのも美味しいですし、カニだけの味わいを純粋に楽しんだ後には、最後に雑炊でしめるのが最高です!

 


このページの先頭へ戻る